痛みの除去は楽しい性行為の必須条件!性交痛の原因と対処法を学ぼう!

性交の際に痛みを感じる原因の詳細

性交の際、女性は膣に痛みを感じることがあります。性交痛は膣内の水分が少ないのが原因の多数を占めますが、体調の良し悪しが膣の状態を左右するので日頃から適切な健康管理を心がけることが大切です。また、性交の際に体への刺激が少なく、膣内に分泌液が十分排出されないのも性交痛の原因なので男女共に気を付ける必要があります。
性交痛は膣内の水分不足から派生する摩擦による過剰な刺激の他、性器の大きさや膣への衝撃なども原因に含まれます。性交痛は同じ行為でも日によって発生しないこともあるため、一時的なものか自身の体調に異常があるかを即座に判断するのは困難です。痛みがいつまでも続く場合、感染症を患っている可能性があるので早期の検査を受けるのが無難な対処法になります。

性交痛を発生させないための工夫

膣内の水分不足で発生する性交痛は体調管理を適切に行い、性交時の前戯にも気を配ることで回避することが可能です。膣内に排出される分泌液は体調が悪いと量が少なくなってしまうことから、生活上の問題点を解消して新陳代謝の活性化を図ることが大切です。また、加齢によって体力が低下すると分泌液の排出量が自然に減少することから、適度な運動を行って健やかな状態を維持するように心がけます。
更年期障害や病気から派生する性交痛は放置すると心身に大きな負担をもたらすので、専門病院での治療が不可欠です。特に病気が原因の性交痛は放置すると重篤化して身体機能の損傷に繋がる危険があるので注意します。

性交痛とは、異性との性向の際、性器やその周辺に痛みが伴うことです。主に女性に多く、主な原因として、性器の潤い不足が挙げられますが、子宮内膜症などの病気が原因の場合もあります。