何でわざわざ手で書くの!?手書き製図のメリット・デメリットをご紹介

手書きで図面を書くメリットとは?

CAD(コンピュータ支援設計)は、建築・機械設計・電気製品とあらゆる分野の設計業務において用いられるようになってきています。ほとんどの企業ではCADを用いた設計が標準化され、今では手描きで設計を行うことも少なくなってしまっているようです。

しかし現在でも大学や専門学校では、手描きで設計図を書くことを授業などで行うところが多くあります。便利なCADの普及した現代では、手描きの設計図を書く意味はあまりないような気がしますよね。手書き製図をするメリットは一体どこにあるのでしょう?

考える習慣を身につけるには、手書き製図がおすすめ!

手書き製図には、習得するのにも書くのにも時間がかかる、また図面の修正も大変、図面が共有できない...などいくつものデメリットがあります。

それでも手書き製図を書くメリットは、製図や設計の基本を身につけることができるという点が何といっても大きいでしょう。ソフトの使い方も同時に学ばなければならないCADと違って、手書きには設計のみに集中できる利点があります。

またCADでは拡大縮小が自在で、スケール感がつかみにくいというデメリットがあります。その点、手書き設計なら実際の設計物のスケール感をつかみながら設計がしやすいと言う利点もあるでしょう。

もうひとつの大きなメリットは、「考える」習慣が身に付くことだといわれています。機械的に効率よく図面が引けるCADと違って、手書き図面では一本一本自分で線を引いていかなければなりません。そのため、自然と設計物の仕様を考えながら設計することになるのです。この考える習慣を身につけることはとても大事です。

いかがでしたか?CAD全盛の今だからこそ、手書き製図のよさも見直してみたいですね。

電気CADとは電気設計に使用するシステムのことで各社から出されています。使用する事で工程を減らすことができ時間短縮につながります。