ワッペンを作ろう!自分で作るか業者に依頼するか

ワッペンは自分でも作るのは簡単

ワンポイントで帽子やカバン、Tシャツなどを彩ることができるワッペンはファッションを楽しむ上で重要なアイテムの一つです。ワッペンを作りたいときには自分で作ることができます。手芸に少し知識がある人であれば簡単に作れるので挑戦してみると良いでしょう。ワッペンの生地にした布があれば、熱で圧着させられるフィルムを用意するだけでワッペンにすることができます。生地にデザインを描いて切り取り、フィルムを合わせてアイロンでTシャツなどに圧着すればできあがりです。ワッペン用にフィルムをすでに取り付けてある生地も販売されています。これを使うとより簡単かつ綺麗にワッペンを作ることができるのがメリットです。

業者に依頼するメリットとは

業者に依頼すると多様なワッペンを手軽にいくらでも作れるのがメリットです。ワッペンのデザインを生地に印刷してもらうことができるので、電子データでイラストや写真などを用意するとワッペンにすることができます。デザイナーがいる業者に依頼するとデザインから手がけてもらうことも可能です。また、機械で生地をカットしてくれるため、形状が手製のものに比べると綺麗に仕上がります。機械仕上げなので全く同じものをいくつも用意してもらうこともできるでしょう。枚数が多いほど一枚あたりの価格は安くなるので、チームワッペンを作るときのように大量に準備したいときに利用するとコストパフォーマンスが高くなります。圧着まで任せることもできる業者もあって便利です。

ワッペンとは、盾形などの形があり、色の付いた糸で模様が刺繍されていて、洋服等にアイロンなどで付ける飾りのことをいいます。